産み分け 女の子

女の子の産み分け成功率を上げるには?

 

生まれてくる赤ちゃんは可愛い女の子がいい!という方でしたら、女の子の産み分けを考えるでしょう。といっても成功率を高めるためにどのような事をすればいいのか知っていないといけません。女の子の産み分け率を高めるためにも出来る事がちゃんとあるのです。それはいったいどのような方法なのでしょうか。

 

●そもそも女の子の産み分けは可能なの?

 

女の子の産み分けが出来るといっても、100%完璧に実現するとはいいきれません。しかしX染色体を持っている精子とY染色体を持つ精子には違いがあるので、その特徴を生かすことによって女の子の産み分けは可能になります。100%とはいいきれなくても可能性を高めることは出来るでしょう。

 

●排卵日の2日前にセックスする
膣内は通常酸性ですが、排卵日が近づいてくるとアルカリ性に変化してきます。そのため排卵日当日よりも2日前くらいの方が膣内は酸性に近いので、X染色体を持つ精子が多く残るようになります。寿命が長いので排卵日の2日前にセックスすれば、受精との関係でX染色体だけが残る可能性も高まり、結果的に女の子が生まれてくる可能性も高くなります。

 

ただしこの方法の難しいところは、排卵日を正しく予測しなければいけないという事です。この読みをはずしてしまうとかえって男の子が生まれてくるようになってしまいます。

 

●性行為は女性がオルガスムに達さないように

 

セックスしている時に女性がオルガスムに達してしまうと、膣内にアルカリ性の分泌物が増えてしまい、Y染色体を持つ精子が活発に動けるようになってしまいます。そのため女の子の産み分け成功率を狙うには女性がオルガスムに達さずにあっさり終わらせた方が効果的です。

 

●精液を薄めておく

 

精液は薄めておいた方がいいです。少数のX染色体の比率を上げるためにも、可能であれば3日に一回、最低でも1週間に1回射精しておく事をおすすめします。

 

女の子に産み分ける条件は?

 

絶対に女の子の赤ちゃんが欲しい!と望むのであれば、女の子に産み分ける条件を知っておく必要があります。女の子に産み分けをしたい人もいますよね。しかしそんな時、女の子の産み分け条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

●産み分けの準備として必要な条件〜基礎体温を測る

 

女性は女の子を産み分けたいのであれば準備も必要です。女性側はまず毎朝基礎体温を測る事が大前提となります。自分の排卵日をきちんと把握しておきましょう。基本的には低体温から高体温に移る直前に体温が急激に落ちる部分が排卵日ですが、個人差もあるので、最低でも3カ月間基礎体温をつけて傾向をつかんでおく必要があります。毎日測らなければいけないので続けるのは根気がいりますが、自分の排卵日のタイミングを知っておくのは妊娠に基本となるので欠かさず記録しておきましょう。

 

●膣内を酸性にしておくこと

 

女の子を産み分けるには、女の子の遺伝子を持つX精子を卵子に受精させる必要があります。そのためにも膣内を「酸性」にキープしておく必要があります。排卵日当日は避けてシンプルな性行為をする事によってアルカリ性からは遠ざける事が出来ますが、確実に膣内を酸性にしておきたいなら涸渇ゼリーがおすすめです。

 

男の子を希望する時はアルカリ性の膣内環境に、女の子を希望する場合は酸性の膣内環境にph値をコントロールしてくれるゼリーがあります。使い方もシンプルで、産み分ける当日のセックス前に容器を使って膣内にゼリーを入れるだけです。正しい使い方で7〜8割の確率で女の子を産み分ける事が出来ると言われています。ゼリーは市販でもお手軽に買う事が出来るので、まずはゼリーから試してみるのもおすすめです。

 

女の子の産み分けにおすすめ食べ物

 

食べ物によっても、女の子が生まれてくるか男の子が生まれてくるか変わってくるのはご存知でしたか。もしも女の子を望んでいるなら、女の子が生まれてくるのに必要な食べ物を知っておくと有利でしょう。食べ物の種類や栄養によって、女の子を妊娠する確率も変わってくるからです。それではいったいどのような食べ物がおすすめなのでしょうか。

 

●男性はアルカリ性食品を、女性は酸性の食品を

 

食事療法によって産み分けが出来るようになるケースも多いです。男性はアルカリ性食品を食べ、女性は酸性の食品を摂るようにすると、産み分けがうまくいくと言われています。酸性度やアルカリ度を食品で調整していくので、女の子が生まれやすくなるX精子が酸性に強いという特徴を生かした食事療法です。

 

●お酢

 

もしも女の子の赤ちゃんを授かりたいのであれば、お酢をとるようにするといいと言われています。お酢であればたいていどの家にも常備してありますよね。どこでも売っているので手に入りやすいです。

 

●コーヒーで調節する

 

少し意外でしょうが、コーヒーに含まれるカフェインに産み分けの効果があると言われています。男の子の赤ちゃんを望んでいないご夫婦はぜひ試してみるといいです。男性が射精の30分前くらいにコーヒーを飲むことにより、精子の活動が活発に出来ます。その中でもY精子の運動が良好になるので、男の子を望んでいる場合は試してみるといいですが、女の子を希望しているのであれば、旦那さんは反対にコーヒーは控えた方がいいです。さらにあるデータによると、女性がセックスの前にコーヒーを飲むと着床率が低下すると言われています。妊娠したいのであれば、コーヒーの取り過ぎには気を付けた方が良さそうですね。

 

女の子を産むためのセックスの仕方

 

そのご夫婦によって事情は様々です。最初は男の子を産んだから次は女の子が欲しいなどご希望があるでしょう。次はどうしても女の子の赤ちゃんが欲しい!と思ったら、女の子が産めるようなセックスの仕方を実践するといいでしょう。

 

●排卵日の2日前に性交する

 

女の子を産み分けたいなら膣内が酸性になっている事が前提です。そのためセックスするのであれば、排卵日の2日前がベストです。まだ膣内が酸性に保たれていると考えられるからです。当日よりも2日前の方が効果的です。

 

●感じすぎないこと

 

女の子が欲しいなら、セックス中に女性はオルガスムに達さない方がいいです。セックスで感じすぎてしまうと、膣の中でアルカリ性の粘膜が出てきてしまいます。しかし女の子の遺伝情報を持っているX精子はアルカリ性には弱い上に少数なので、女の子が欲しい時には適していません。快感を感じない方がいいです。少しつまらないかもしれませんが、あっさりしたセックスに心がけましょう。

 

●膣内を酸性に保つピンクゼリーを使う

 

女の子が欲しいなら、とにかく膣内を酸性に保っておく事が必要です。そのためにもゼリーを使う方法があります。女の子を希望しているなら、ハローベビーガールというゼリーを使用するといいでしょう。セックスする前に膣内にゼリーを挿入し、膣内を酸性に調整してくれます。使い方のイメージ的には女性にとってはタンポンのようなイメージです。

 

●3日に一回のセックスで精液をためておく

 

精子の数が増えてしまうと、Y精子の比率は高くなってしまいます。このため精液をあまりためこまないようにするためにも、3日に一回セックスするといいでしょう。男性側は一週間に一回は射精してもいいですが、マスタベーションのし過ぎはいけません。精液を薄めておく必要があります。

 

女の子の産み分けにゼリー必須!

 

女の子の産み分けにはゼリーを使うと効果的というのはご存知の女性も多いでしょう。女の子が欲しい時の方法にはいくつかありますが、ピンクゼリーを使うのもそのための方法の一つです。ゼリーによって女性の膣内の酸性レベルを調整出来るからです。女の子が欲しい時は膣内を酸性に保った方が確率が高まります。

 

●産み分けゼリーって何?

 

産み分けゼリーとはベーキングパウダーやお酢といった食品をもとに作られているので、セックスで使っているとしても自分の体や赤ちゃんに悪影響が出る恐れはありません。もともと口に入れていいものだからです。もしも産み分けゼリーを扱っている婦人科があれば使ってみるといいでしょう。といっても実はゼリーは産婦人科まで行かなくても通販で取り寄せることが出来ます。といっても安全性を確認する事は重要です。必ず国産かなど確認してから買うようにしましょう。

 

もしも女の子が欲しいと思ったら膣内を酸性にしてくれる「ピンクゼリー」、男の子が欲しい時には膣内をアルカリ性にできる「グリーンゼリー」を使う事をおすすめします。

 

●産み分けゼリーの成功率は80%?

 

産み分けゼリーで本当に女の子が生まれてくる可能性は80%くらいなので、100%という保証はありません。そのためゼリーだけに頼らず、その他も産み分けの確率を高められるような方法を実践してみてください。特にセックス中の注意事項は知っておくと有利です。例えば女性はオルガスムを感じすぎず、射精は浅めにとあっさりしたセックスに心がける事です。

 

ちなみに男の子が欲しい時はこれと反対で、濃厚で快感なセックスを行います。また精子の数が増えてしまっても、男の子が生まれてくる可能性が高くなってしまうので気をつけましょう。